当院が実際に行った白いつめ物・白い被せもの治療例③|押上駅から近い墨田区の歯医者・歯科

マイクロスコープ精密治療

無痛治療

駅チカ

診療時間

休診日/木・日・祝 ※△土曜日は16:30まで

お問い合わせ・ご相談

03-3621-0648

東京都墨田区横川4-12-2押上駅B1出口5分

当院が実際に行った白いつめ物・白い被せもの治療例③

当院が実際に行った虫歯治療の症例

金属の詰め物の下で再発した虫歯を治療後、セラミックの詰め物で修復したケースです。

初診時の口腔内

右下の奥から二番目の歯が虫歯になっていました。金属の周りと、一つ前方の歯と隣り合う部分が黒く透けたようになっているのが分かるでしょうか。

銀歯の除去

麻酔をして金属(銀歯)を除去。虫歯を丁寧に取り除いた後、セラミックの詰め物がピッタリと収まり長持ちすることを考慮しつつ歯の形を整えます。

色調の決定と型取り

色見本を用いて歯の色調を見極め、シリコン印象剤にて精密な型取りをします。

セラミックを装着

完成したセラミックを土台の歯に装着し、最終調整をして治療完了です。

セラミック治療前

セラミック治療前

セラミック治療後

セラミック治療後

既存の歯とセラミックが段差なく収まっいます。また、色も自然な感じで調和しています。精度の高い処置は虫歯になりにくく、健康的な美しさも回復します。

トップへ戻る