痛くない虫歯治療|押上駅から近い墨田区の歯医者・歯科

マイクロスコープ精密治療

無痛治療

駅チカ

診療時間

※祝日のある週は木曜診療 △土曜日は17:30まで

お問い合わせ・ご相談

03-3621-0648

東京都墨田区横川4-12-2押上駅B1出口5分

痛くない虫歯治療

削ったり抜いたりを極力少なくすることで、痛みも小さくします

低侵襲虫歯治療

歯医者での治療がなんとなく嫌だ、と感じておられる方にとって、痛みは大きなネックとなることと思います。ですが、歯科治療は激しい痛みを伴うものというイメージは過去のものといえます。現在では治療技術の発達により、ほとんどの痛みを気にならない程度の軽いものに抑えることができるのです。当院は痛みを感じさせない低侵襲な治療を行っており、歯を削ったり抜いたりといった処置をできるだけ少なくします。では、どのようにして削ったり抜いたりを少なくするのか、その方法についてご紹介致します。

【なかや歯科式】6つの微痛虫歯治療方法について

微痛治療

なかや歯科では6つの方法を駆使して治療の際に生じる様々な痛みを抑えています。痛みを完全になくすことは難しいですが、気にならない程度には抑えられます。痛みが気になって受診をためらっているという方は、ぜひご一読ください。

① 表面麻酔の使用

表面麻酔

歯科医院の治療で1番怖いと言われているのが注射ですが、当院ではまず表面に塗るタイプの麻酔を塗ってから、表面をマヒさせて注射することでほぼ痛みを感じない方法を行っています。

② 最も細い注射針(33G)を使用

極細の注射針

表面麻酔でマヒしているところとはいえ、太い針を刺すと痛いので、当院では歯科麻酔針の中でも、もっとも細い33ゲージという超極細の針を使用して、刺した時の痛みを最小限に抑える方法をとっています。

③ 歯科用電動注射器

電動麻酔器

手動で麻酔注入を行うとドバっと液が入ってしまう場合があり、そういった余分な圧がかかると痛みがでます。麻酔液注入圧を一定に保つ電動麻酔器を使用することで麻酔注入時の痛みもなくなります。

④ マイクロスコープ&ルーペ治療

マイクロスコープ低侵襲治療

歯科顕微鏡であるマイクロスコープやルーペを使用することで、削る面積を最小限にすることができます。削る面積と痛みは比例しますので、低侵襲治療=痛みを抑えた治療と繋がります。

⑤ 麻酔注射の打ち方にこだわり

麻酔針の刺し方

息を吐いている時は副交感神経が優位となり、リラックスした状態になりますので、この時を狙って注射を打つようにしています。また、粘膜に余計な圧力がかからない打ち方も併用して行います。

⑥ 予防歯科のすすめ

予防歯科

そもそも虫歯や歯周病などにならなければ、削ることも抜くこともありません。定期歯科検診の受診や定期的な歯のクリーニングに通っていただくことで事前の予防を行うことをおすすめします。

【なかや歯科式】なるべく歯を削らないための2つの方法とは

歯を削らない

なかや歯科では、歯をなるべく削らないようにするため、以下の2つの方法を採っております。詰め物や被せ物による補修だけではなく、天然歯をいかに残すかという保存治療が大切なのです。

取り組み① マイクロスコープやルーペを使った精密治療

マイクロスコープマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)やルーペを使用して、治療する部分の視野を数倍~20倍に拡大した状態で治療することにより削り過ぎを防ぐことが出来ます。虫歯は大抵の場合、色で識別でき歯の白色と虫歯の茶色の部分の境目は、グラデーションがかっているのでどこまでが虫歯か肉眼では判断しづらいことが多いです。

しかし、マイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)やルーペを使用すれば、この微妙な色の変化をしっかり確認することができるので削り過ぎを防止することが出来ます。

取り組み② 予防歯科のすすめ

予防歯科そもそも虫歯にならなければ歯を削ることにはなりませんので、この虫歯をいかに回避するかが大事になります。そのために1番効果があるのが、歯科定期検診を受診することです。

定期的に歯科に通い検診を受診することで虫歯を早期発見できるようになりますし、一緒に歯のクリーニングを行うことで歯も白くなり、歯周病リスクも低減させることができます。まさに「予防に優る治療なし」です。

【なかや歯科式】なるべく歯を抜かないための2つの方法とは

歯を抜かない

天然歯は他の人工物(入れ歯やインプラントなど)には代え難いものです。生体への親和性が異なりますし、機能性という点でも優れているためです。したがって天然歯をいかに抜かないようにするかという視点や方法が重要となります。

取り組み① マイクロスコープ使用の精密根管治療

マイクロスコープ抜歯になるのは、以下3つの原因が考えられます。

  • ①重度歯周病で歯が抜ける
  • ②外傷で歯が抜ける
  • ③重度虫歯等で歯の神経がボロボロになる

当院ではこの②と③の場合において特に他の歯科医院様に比べ優位に治療をすすめることができます。それはマイクロスコープ精密根管治療が受診できるからです。歯の神経治療である根管治療を精密に行うことで、抜歯を回避する確率を大幅に上げることができます。

取り組み② 予防歯科へのこだわり

予防歯科上記で抜歯の原因を3つ挙げましたが、この中で1番多いのは①の「重度歯周病」です。この歯周病をいかに予防するかが抜歯回避の最大の治療といえるでしょう。

上記でも述べましたが、ホームケアの徹底と歯科定期検診(歯のクリーニング)を受診することで歯周病は予防できます。

墨田区押上で虫歯や歯周病の治療をお考えの方はなかや歯科へ!

歯を抜かない

なかや歯科では、虫歯や歯周病の治療の際にも身体への負担や痛みを極力少なくすることができます。また歯を削る、抜くといったダメージの大きな治療をできるだけ避けることで、治療後にも快適に過ごせるよう努めます。歯医者での治療をためらっている方は、ぜひ押上駅近辺のなかや歯科までお越しください。お待ちしております!

トップへ戻る